2012年11月アーカイブ

『野にも山にも炭を撒く』炭の力で緑の地球に が五月書房から発刊されました。

立ち枯れを追って25年、炭を撒き続けて15年。 日本から世界へ450か所踏査、125か所で炭撒き。img044.jpg マツ、ナラ、ブナがつぎつぎに息を吹きかえす。

ナラを枯らす原因は何なのか考えてみると、土壌の酸性化が考えられます。

松もマツノザイセンチュウが枯らすとされ、農薬の散布を行ってきましたが、その効果はなく、 多くの松を失ってきました。

しかし私たちが強酸性土壌の松林に炭を撒くと松は見事に甦りました。

ナラにも同様、炭を撒いてみました。 .....3年目にドングリがどっさりなりました。

思わず「熊さんドングリがなったよ!!」と叫びました。 ナラ枯れを確実に止めることが出来たのです。

日本初・世界初の出来事です。        2012年12月1日発売。


Powered by Movable Type 6.0.5