炭ひかりの最近のブログ記事

苗取り台

DSC00458.JPG
高碕民俗資料館で。

 

幸せ炭ひかり刈取り

DSC07388.JPGDSC07446.JPGDSC07453.JPGDSC07480.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月10日稲刈り。早乙女たち。

オペラ歌手松本愛子さんの歌が響きました。

光合成細菌の力でぎっしり実った稲穂の中で力いっぱいの歌に震えました。

 

 

炭ひかりがすくすく育つ

ポールから5列目24本ポールから5列目45cm24本

6月28日に植えて27日目、50cmから65cmに伸び、分株は15本から25本に。

無農薬、無肥料、光合成細菌だけで栽培。

出穂45日前になるので、2回目の光合成細菌を入れる。

 

カブトエビ誕生

DSC05677.JPG

6月28日に田植え。

7月2日にホウネンエビ幼虫の群れ。10aに5万匹以上。

大人のカブトエビ5匹発見。

 

受粉一瞬

稲の受粉は一瞬。口をあけた中に黄色いめしべが見える。

朝の一時でなかなか見られない。また小さい。

天候が悪ければ受粉は延期。

DSC08895.JPG

 

出穂22cm

8月11日飛穂が見つかってから13日目、出穂は約6割に達した。

穂の長さは22cm平均15cmからすると7cmの長い穂になっている。

大豊作の予感。

DSC08986.JPG DSC08984.JPG

すみひかり

田植え後40日。葉の緑色が濃い。草丈が長い。

日干しを始めて4日でヒビ割れができた。

44日目。1本穂が出た。後1週間ほどで穂が出そろう。

水管理は夕方水を入れ、朝止める。水が無くならまた水を入れる。

1本植えが25本に分けつした。

DSC08856.JPG DSC08860.JPG

稲穂に花

10日ほど水を切って田にひび割れが出来ました。

水をたっぷり入れて、少なくなるまでそのままに。

一本植えの苗がこんなに分けつしました。

稲穂もちらほらと見えてきました。

隣の田んぼにはその気配がありません。

DSC02626.JPG DSC02586.JPG

自然栽培米作り

化学肥料、除草剤、農薬梨なし。

虫(ツトムシ)が発生した。

葉を絡めて横になった葉を剥いでいくと太った虫が出てくる。

一匹づつつぶしていく。

DSC02174.JPG DSC02172.JPG

Powered by Movable Type 6.0.5