防潮堤の最近のブログ記事

防潮堤の広葉樹枯れる

 国交省は宮城県岩沼市の海岸線に防潮堤として植えてきた

タブノキ、シラカシ、スダジイなどの常緑広葉樹を7000本植え

てきたが6割ほどの木が枯れてしまった。

 指導に当たってきた宮脇昭氏は現地を訪れ確認した。

 16億円に及ぶ防潮堤工事がまずいスタートになった。

 国交省は今後、専門家の声も聴いて樹種を検討していくと。



Powered by Movable Type 6.0.5