建築の最近のブログ記事

新治大庄屋へ

DSC06480.JPGDSC06432.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

囲炉裏に火が入りました。蔵のカギがあきません。

今度河合さん宅でタヌキ汁を囲みます。 

 

古民家再生建築

松本市の食堂"木曽"の古民家再生住宅が力強い。

寺を解体した材のようでちょうな仕上げが美しい。

DSC04553.JPGDSC04556.JPG

古民家再生木木舞漆喰建築

松本市に古民家再生の展示住宅がある。

曲りと太さの違う細い木で木舞を組んでいた。

土台に木の太さの穴を掘って曲りを治すためにノコ目を入れていた。

荒縄で縛りがっちり締り実に強い。これがまさに木木舞になる。

DSC04540.JPG DSC04537.JPG DSC04541.JPG DSC04546.JPG

続 いい家は無垢の木と漆喰で建てる

一級建築士神埼隆洋さんの本です。

第一段のベストセラーに続くもの。

集成材が強いとされてきた国のデータに疑問を感じ実験しました。

今多くの住宅で用いられているホワイトウッドの集成材とヒノキの無垢材を、埼玉県産業技術

総合センターに持ち込んで実験しました。

結果はヒノキ無垢材の大勝です。倍の力がありました。

それもそのはず、ホワイトウッドの集成材は120度という高温で乾燥させ、接着材で張り付けた

ものです。

さらに死に節や、白太の入る耳付き材も実験しました。これも予想に反して強い結果が出ました。

漆喰の家は「空気がきれい、深呼吸したくなる」とお客さんの反応です。

漆喰は燃えない、汚れない、傷まない。

材の節は欠点でななく、ヒビが入って強くなる。

「本物の家を求める人のために」とあります。

ダイヤモンド社

Powered by Movable Type 6.0.5