松之山ふるや割勘荘の最近のブログ記事

暮らしてみたら魔法の里

ガンの手術を受けて体がだるくてだるくて、来る日も来る日も寝てばかりの生活。

東京を離れたい。

「主人は俺を置いていくのか」。

このままの生活は死ぬより辛い。

「娘はお母さんが元気になることが一番」。

以前に行ってよかった新潟県松之山行きを決意した。

片づけごともゆっくりすれば思っていたが、ついてすぐに片づけを始めている自分がいた。

ご近所の皆さんも何とも言えない温かさに驚く。

「灯が消えていた家に明かりが点いたことがうれしい」と。

松之山の生活は日暮れとともに眠くなり、夜明けとともに起きだす暮らし。

「片づけを手伝にきた娘が、ここの一日は四季がある」。

朝は小鳥のさえずりの春、昼は暑い夏、夕は秋、夜は薪ストーブで冬。

あんなに寝てばかりしていた体はどこに行ったのか、この赤倉で大自然のサイクルに戻った。

つるた とよ子さんは感謝の連続。

山の力・森の力をくまなく感じ取った身体。

「人は森から遠ざかると病気が近づく」。

つるた とよ子著 『暮らしてみたら魔法の里』 恒文社 2000円+税

 

img015.jpg 

 

 

Powered by Movable Type 6.0.5