健康のために炭を焼く

朱鷺色の炎が忘れられなくて!

佐渡で炭を焼く後藤茂さん(76才)。

「健康のために体を動かすのに何がいいか考えてきた。思いついたのは炭焼きだった」。

「ライフラインが途絶えても燃料が確保できる」。

「雑木林を育てれば、水害やがけ崩れが防げ、CO2の抑制にもつながる」。

014.JPG

竹をいぶして燻煙竹をつくる。

装置は車のコンテナに穴をあけただけ。

ゆっくり一週間かけていぶしてゆく。

黒光りして虫もつかなくなる。

021.JPG

 

Powered by Movable Type 7.5.0