慈眼寺を花の寺に

620年以上の歴史を持つ高崎市の慈眼寺の樹が弱っています。

アカマツが200本ほど枯れて伐採され、シダレザクラも次々に枯れだしている。

樹齢600年ほどの樹齢のコウヤマキとボダイジュは開山当時のもの。寺の宝物です。

住職はこのままでは寺のすべての樹がなくなってしまいます。

助けてやって下さい。

酸性化した土壌を炭と木酢液でよみがえらせます。

皆さんご参加ください。

とき:11月26日 13:00~

慈眼寺本堂前(高崎市下滝町)


Powered by Movable Type 7.5.0